子供の頃に入れたタトゥーを除去しました

子供からの「温泉に行ってみたい」の言葉

 当初は、タトゥーを入れているとはいえ、普段は人から見えない部分です。
なので、そこまで不便を感じることがありませんでした。
しかし、こんな私でも結婚をし、子供を産んだあたりから、徐々にその気持が変化したのです。
 そして、極めつけが、子供からの「温泉に行ってみたい」でした。
あるドラマの舞台が温泉旅館で、子供はそこに興味を持ったようです。
確かに、子供をつれて温泉や銭湯なんて行ったことがありません。
そもそも、わたしのこのタトゥーでは、温泉に入れるかどうかもわからないのです。
この時初めて、「タトゥーを除去したい」と強く思いました。
 そしてその次の日、インターネットで色々と調べてみました。
すると、レーザーを使用した治療や切開する方法があることがわかりました。
しかし効果がしっかり出るかも不明で、さらにとても激痛だということです。
しかし、子供と温泉に行きたいという思いがあり、夫に相談しました。
夫は「しっかりと頑張って通ってね」と言い、応援してくれるようでした。

子供の頃にタトゥーを入れてしまいました / 子供からの「温泉に行ってみたい」の言葉 / レーザーでタトゥー除去することに / タトゥーをいれるには後悔のない選択をして欲しい